お子様のつらい症状について

お子様のつらい症状について

「小児科」は、子供が生まれてから成人に達するまで、その間の健康を診る科です。
 外傷以外の全ての疾患を総合的に診察します。
 
子どもの病気で、何科にかかるか迷ったら、まず小児科に来てください。
診察の上、必要なら適切な病院に紹介します。

◆急に高熱が出た

急に熱が出たからと言って、慌てることはありません。
発熱は病気を治そうとする生体の正常な反応です。
ウイルスは温度が上がると弱まり、一方生体の持つ治癒能力は体温が高いほど強くなっています。
ですから、熱があるからと言って直ぐに解熱剤を使うようなことは避けてください。
熱はあるものの、比較的機嫌も良く水分も摂っているようなら、しばらくそのまま様子を見て頂いて結構です。
『熱が続くと頭がおかしくなる』とか『熱が続いて肺炎になった』というようなことはありません。
ただ、夜に高熱が出て寝にくいようなら、寝かすために解熱剤を使うのはかまわないと思います。
睡眠は最大の治療法です。


◆呼吸が苦しい・咳・ゼーゼー

子どもが呼吸困難を訴えるときは、喘息にかかわる場合が多いようです。
程度に応じて、吸入・点滴療法等の処置が必要になります。
ただ、喘息の傾向や既往がないのに、突然呼吸困難を生じた場合は、気管内への異物誤嚥の可能性もあります。救急処置が必要ですので直ぐに医療機関へ連絡してください。

また、犬が遠吠えする様な「ケン、ケン」した咳き込みは、きわめて稀に窒息状態に陥ることがあり注意が必要なので、まずは医療機関を受診してください。


◆けいれんがおきた

子どもの痙攣の多くは熱性痙攣です。
慌てずに、口に物を噛ませたりしないで静かに寝かせてください。
嘔吐がある場合は吐物を気管に詰めることがあるので、横を向けてください。
痙攣が5分以上続く場合は、単純な熱性痙攣だけでなく、テンカンや髄膜炎などの場合もありますので、救急車を呼ぶか医療機関に連絡してください。


◆泣き止まない

夜に泣き出し、なかなか泣き止まない時は、次のようにしてください。
・オムツ、肌着を含め、全て着替える。
・20分ほど屋外に出て、散歩する。(ただし、寒い冬場は、屋外は控えましょう)
これで様子をみてください。
しかし、15~20分間隔で激しく泣くこととグッタリを繰り返すようなら、腸重積なども考えられますので、医療機関に相談してください。


◆夜泣き

背中をトントンして寝てくれるなら、何の心配も入りません。
次のようなことは、夜泣きの原因ともなりますので避けてください。
・夕方以降にキャッキャッというような興奮する遊びをする
・熱すぎる風呂に入る
 激しい遊びや熱すぎる風呂は、子どもを興奮させ、夜泣きにつながります。
 お父さんが夜に帰ってきて嬉しいのはわかりますが、激しい遊びはお父さんのお休みの日の昼間にしてください。


◆ミルクを吐く

ミルクを吐くようになっても体重が順調に増えているようなら、心配はありません。
食欲に胃がついていかずに、飲み過ぎているだけのこともあります。
げっぷを出させて「何か変だな?」と思ったら当院に受診下さい。


◆発疹が出た

皮膚の症状は実際に目で見ないと診断が付けにくいので、ぜひ受診してください。
なお、入浴は原則的に避けて頂きたいですが、汗疹(あせも)は入浴してもかまいません。


◆頭を打った

『泣けば大丈夫』ということはありません。しかし、慌てて救急車を呼ぶこともありません。
まずは様子を見てください。

ただし、頭蓋内出血は、打撲直後は元気でもしばらく経ってから(ほとんどは24時間以内)症状が出てくることがあるので、例えばボーッとして呼びかけに反応が鈍くなったり、手足がピクピクしたり、嘔吐、頭痛がひどい等の症状が現れたら、小児科よりも脳外科のある病院を受診されたほうがよいでしょう。


◆お腹が痛い

子どもの『お腹が痛い』はあまりあてにはなりません。
しかし、お腹を押さえて痛がり、明らかに腹痛があるようなら、当院に受診して下さい。

ただ、乳幼児で激しく泣くことや嘔吐を繰り返すようなら、早めにご相談ください。


◆鼻水がでる

透明あるいは少し白っぽい鼻汁が出る程度で、他の症状がないならそのまま様子を見てもかまいません。

しかし黄色や緑色の鼻汁が続くなら、副鼻腔炎も疑われます。耳鼻科か小児科を受診してください。


◆元気がない、食欲不振

食欲、哺乳量が少なくなったからといってあまり心配することはありません。
機嫌や動きがいつもと同じようなら、様子を見てください。
大人だって食欲のないときもあるのですから。
しかし、顔色や表情などがいつもと違いぐったりしているようなら受診してください。


◆吐く

子どもはよく吐くものです。
吐いた後でも機嫌よくしているなら、心配はいりません。
しばらく様子を見てください。
しかし、吐いた後も顔色不良が続くなら、受診してください。
咳き込みが強い時にもよく吐きますが、心配いりません。
一旦飲み込んだ痰などの分泌物を出しているのですから。
こんな時は吐いた後はすっきりとした顔をしているものです。
しかし、嘔吐を繰り返しグッタリとしているときや、激しく泣くことと嘔吐を繰り返すようなら受診してください。


◆下痢

乳児はお腹の状態がまだまだ安定しないので便が軟らかいことがよくあります。
いつものようにミルクを飲み、機嫌が良いなら心配いりません。
しかし、グッタリとして元気がないなら脱水症の心配もあります。
少量ずつ水分を補給してください。それでも改善しないなら点滴による水分補給の必要もありますので、必ず受診してください。
特に乳幼児では脱水が急激に進行することがありますので注意してください。


◆便に血が混じる

便が軟らかいときは、便に少量の粘液とともに血が混じることがあります。
機嫌がよく元気ならしばらく様子を見てください。
しかし、症状が何日も続くようなら受診が必要です。

特に、激しく泣いたり嘔吐を伴った血便は腸重積の心配もありますので、すぐに受診してください。


◆鼻血

寝かしたり、冷やしたりしないでください。
鼻を心臓より高い位置にするため、座らせてください。
カット綿をクルクルと棒状にして鼻に入れ左右から摘んでください。
そのまま5分間つまみ、そっと放して出血がなければ心配いりません。
しばらくしてから詰めた綿をそっと取ってください。鼻の奥に流れた血液は飲み込まないようにして口から出してください。
しかし、出血がなかなか止まらなかったり、何回も繰り返すようなら基礎疾患があるかもしれませんので、受診してください。